社会人からの看護師デビュー

今は、一般的な社会人を経験した後、看護師を目指すという方も増えています。資格を持っておくと、仕事が安定する、という考えから看護師を選ぶのではなく、中学、または高校卒業時に希望通りの進学先へ進むことが出来なかった方が社会人からの転職を希望するようです。社会人を経験しているため、学費は奨学金や親任せではなく、自分の預貯金で賄う方がほとんどで、自力での進学を目指して勉強をされる方が多いのが特徴です。年齢としては20代前半から30代くらいの方までと幅広く、進学先には専門学校、または大学になります。スタートを切るのが遅い分だけ、真面目さが際立ちます。
社会人となった後、勉強をし直して看護師の道を選ぶわけですから、それなりの覚悟があっての進学先の選択となります。学力もさることながら、希望の仕事に就きたいと考える真面目さや集中力が大切になります。もちろん、専門学校、または大学の授業中に理想と現実の違いに気持ちが揺らぐことがあっても仕方がないと思います。ですが、社会人という立場を一度辞めて再度学生という立場に戻るわけですから、その学びの時間を無駄にすることなく資格取得を目指して頑張ることが何よりも大切なのではないでしょうか。やる気があれば、リスタートはいつでも出来るということです。
社会人である間に、出来ることならその後仕事をせずに集中して学べるだけの預貯金をしておければ理想です。学費に限らず、生活費も必要ですし、進学先までの交通費が必要であればどれも考慮しなければなりません。いま奨学金を借りて返済を考えるとなると、将来の収入が安定せず、それこそ大変になることが考えられるため、出来る限りの準備は事前にしておけるのが社会人であった強みとも言えるため、看護師になると決めた時点で、せめて学費分くらいは確保しておけるようにしましょう。アルバイトの時間が長いのは、せっかくの勉強の妨げになります。
中学、高校時代に希望の進学が叶わなかったという方も大勢いると思います。それを諦めず、叶えることを前提に社会人からの転職を希望する方もいるということです。諦めずに自力で看護師として学ぶための準備をする、という方法として、一度働く、という選択をしたということで自分に納得することも出来ますし、きちんと専門学校、大学への進学が決まれば、自分の努力を認めることも出来るようになります。前向きな選択として、親に頼らず将来を選択する方法としては、一番確実で、一番自分らしく学べる方法なのではないでしょうか。社会人として一般企業に勤めた経験も、決して無駄にはならないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です